So-net無料ブログ作成
前の1件 | -

キラキラ共和国 [小川糸]

「ツバキ文具店」の続編です。

「代書屋」となった鳩子がミツローさんと結婚し、

QPちゃんの母になり、3人家族の「キラキラ共和国」

を作ってゆく物語。

などと言ってしまうと、なんだか「いかにも」ですが・・・。

前作の鳩子は確かに代書を頼みにやってくる人たちに寄り添って

いましたが、どこかに「一線」があって、そこが人々の人生を

際立たせてもいたのですが、今作ではもっとその「一線」が薄くなった感じ。

つまり、

代書の依頼の内容が、

亡くなった夫からの手紙とか、

離婚して欲しい妻と、離婚したくない夫の

双方からの依頼による代書とか、

わずか8日で亡くなってしまった子どもの通知、

のような、夫婦や親子にまつわる依頼で、鳩子にとっては

他人ごとではないわけで。


その心の動きと、実際の自分たちの結婚にまつわるさまざまな思いとが

交錯して、鳩子が思うことが読者にとってはより切なく伝わってきます。


ミツローの前妻であり、QPちゃんの母であった人への鳩子の思い。

ミツローの「僕より長生きしてください」という鳩子への思い。

ミツローの父や母の思い。

さらに鳩子の先代への思い。

全てが「家族」の素晴らしさを鳩子に教えてゆく、

その過程のものがたり、とでもいうのでしょうか?


新たに現れた鳩子の母親。

「男爵」の病い。

今後の気がかりもありますが、

鳩子のよき文通「友」となりそうな、

先代の文通相手もいて。


きっとこれからQPちゃんのおとうとかいもうと


も生まれるのでしょう。


「キラキラ共和国」のその後を

もっと読みたいと思います。


書かれた手紙にもいつも心うたれ、


文字ににじむ思いに泣かされたりしています。


代書屋さんの「手紙」と、

ぽっぽちゃん鳩子の今後と、

その両方が楽しみなこの作品。

さらなる「続編」も待っています。


久々にいい読書の時間が過ごせました。














キラキラ共和国

キラキラ共和国

  • 作者: 小川 糸
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2017/10/25
  • メディア: 単行本



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:
前の1件 | -