So-net無料ブログ作成
検索選択
前の1件 | -

書店の本の並べ方 [コラム]

このごろ、

小さな「町の本屋」さんがめっきり減ってきました。

本が売れない、CDが売れないそうですから、

仕方がないかもしれません。


大型書店ばかりになると、

困るのは本を探すときです。

探す本が決まっているなら、店員さんに聞くか、

よくある検索機で探せばいいのですが、

問題は、「これ」と決まっていなくて、

漠然と「この作者のもの」とか、

「なにか面白そうな本はないかな」というとき。

だいたいの大型書店は、

単行本、文庫(それぞれの文庫別)、

新書、雑誌といった感じで、「新刊書」コーナーとか

「話題の本」コーナーがある、といったふうだと思います。

これって、

”この作者の本”と思ってさがすときに、

一番困ります。

単行本はまだしも、文庫の場合、それぞれの文庫別に

当たらないといけません。

・・・・疲れる。

で、最近ちょっと嬉しい本屋さんが、

近場にある芦屋の「未来屋書店」です。

通りを挟んだ向かいの建物には、

ジュンク堂があるので、この二つの書店を主に利用します。


「未来屋」は最近増えた、コーヒーや軽食も楽しめる本屋さん。

ここの1Fには、

作家別のコーナーがあって、

単行本、文庫本が作者別にひとまとまりになっていて、

とても助かります。単行本の隣に文庫本が並んで

混ざっているのが嬉しいです。

ただねえ、ミステリーが分類されているのですが、

その分類の仕方が、作者別ではなく、ここは不満。

書籍の数はジュンク堂の方が多いのですが、

書店に行く時の目的によって、

どちらにするか選んでいます。

コーナーの作り方は、書店によって違うでしょうが、

作者別になっていると、とても嬉しいです。



タグ:書店
前の1件 | -