So-net無料ブログ作成
検索選択

64-ロクヨン [横山秀夫]

スポンサードリンク




ずっと気になっていた作品でした。

ようやく上下巻を読破。

物語をつかみました。

映画のキャストが豪華で、見に行こうかと一瞬思いましたが・・・。

邦画は別に映画館で見なくても、テレビで十分と思い、結局見ないまま。

特に刑事ものの場合、映画にする意味がわかりません。


読み終わった今になって、

映画のキャストを確認して「なるほど」と思っています。


広報官・三上に佐藤浩市、その部下・諏訪に綾野剛、美雲に榮倉奈々。

日吉が窪田正孝、その母が烏丸せつこ。

三上の娘・あゆみに芳根京子、記者・秋川が瑛太。

ロクヨンの被害者の父・雨宮が永瀬正敏。

幸田が吉岡秀隆、刑事部長・松岡が三浦友和。


そして赤間が滝藤賢一。


娘のこと、妻のこと、刑事に戻りたい思い、広報官としての仕事、

たくさん抱えている三上の視点で描かれた作品です。


ある県警を舞台に、14年前の「ロクヨン」といわれる未解決の誘拐事件

に関わった人々のその後と、

警察内部のポストをめぐる争い。



・・・・しかし、読みにくいです。

三上の思いと事実とがわかりにくいですし、

新たな誘拐事件の、

ウラというのか、

捉え方が、というのか、

狙いというのか、

そこがわかりにくい。


そもそもが「誘拐事件」ではなく、

一種のクーデターのような書き方で、

ところが事件が発生していたわけで。


「あゆみ」がどうなったかはわからずじまい。


三上が広報官として「窓を開けた」シーンはよかったですが。


三上の葛藤と共に読み進めなければならないところが、

この作品の特色かもしれませんが、

ちょっと努力が必要です。


・・・と、思いましたね。


二度、読み始めて挫折し、

三度目に、覚悟を決めて読み通しました。










スポンサードリンク



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: