So-net無料ブログ作成

えどさがし~しゃばけ外伝 [畠中恵]

スポンサードリンク




新潮文庫「えどさがし」

表題作のほか

「五百年の判じ絵」

「太郎君、東へ」

「たちまちづき」

「親分のおかみさん」

外伝なのですが。

「太郎君、東へ」が妙に気に入ってしまいました。

たまたま利根川の流れを変える工事についての

本を読んだところだったので、余計にね。

もちろん「人」側の話だったわけで、それを「坂東太郎」と河童

からに見たらこうなるのか、と。

また、河童の親分の禰禰子が豪快で強くて

でもやはり女で可愛くて。

太郎が可愛くて。

いい話でした。


「五百年の判じ絵」

さまよう佐助。

仁吉と佐助が若だんなの「兄や」になるる話は

ありましたが、ここでは佐吉がひとり、五百年も彷徨って

いて、やっとおぎんと出会う話。


で、やはり表題作の

「えどさがし」

時は明治。

江戸時代が遥かになって、「京橋」という苗字をもった

仁吉が若だんなを探している・・・・・。

えっ、探している?

鳴家たちをそっと連れて、銀座煉瓦街を歩いている。

若だんなは?

人の時間は短くて・・・・、妖の時間は長い。

若だんなは長生きできなかったのだろうか?

そうして、また若だんなに会えると信じて、

仁吉は銀座に「長崎商店」を構えて、そこで妖たちと

若だんなを待っている。

おぎんが長いこと鈴君を待っていたように。

・・・・もう、胸がいっぱいで、やっぱりな、と思いつつも、

あの離れで暮らす穏やかな日々が、

長くは続かなかったのか、いや続いたのかな?

と切なくなる。


佐助も天狗に会いに行っていて、若だんなを探している。

二人とも若だんなが「一番」ですから。

若だんなとお菓子が食べたい鳴家が可愛くて。

ちょっと泣きそうになります。

こういう「外伝」があって、

しゃばけの世界は穏やかに、

実は危うく、「人」の世界にそっと存在している。

そんなことを思わされますね。

仁吉たちは若だんなに会えるに違いない。

時はかかっても、きっと。

「えどさがし」

読んでよかったけれども。

これから、しゃばけを読むたびに、

この「えどさがし」を思い出すのだろうなあ。


えどさがし (新潮文庫)

えどさがし (新潮文庫)

  • 作者: 畠中 恵
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2014/11/28
  • メディア: 文庫





スポンサードリンク



タグ:畠中恵
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました