So-net無料ブログ作成

夜のピクニック [恩田陸]

スポンサードリンク





何冊かこの人の作品を読んだのですが、

まずこの「夜のピクニック」の感想を。


同級生で異母兄弟。


お互い話をしたことはない。


「賭け」に勝ったことで、次に進むことにした、

貴子と、事実を知りながら黙ってみていた友人・みわりん。


高校生の青春だなあと思いました。


でも、


登場人物がかなり類型的?


長身、スレンダーな和風お嬢様、とか、


無口な、男らしい融くん、とか。


クラスに居そうなキャラクターたちです。


卒業前の、

夜通し歩く行事で、

普段言えないことが

話せるようになってゆく。


でも、それはたぶん、

作者が頭で考えたストーリーで。


融くんにも貴子さんにも


あんまり気持ちが寄っていかない感じ。


それは、言葉で説明しようとしすぎるからだと


思うのですよ。


彼はこんな子。

彼女はこんな子、というように。


だから、キャラを与えられた紙人形が動いているみたいな、

そんな印象がありますね。



「蜜蜂と遠雷」を読んだあとにこれを読んだので、


なんだか物足りない印象でした。


きっとこの作品が大好きな人がたくさん

いらっしゃるのでしょうが、ごめんなさい。











夜のピクニック (新潮文庫)

夜のピクニック (新潮文庫)

  • 作者: 恩田 陸
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2006/09/07
  • メディア: 文庫






スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました