So-net無料ブログ作成
検索選択

アキラとあきら [池井戸潤]

スポンサードリンク





池井戸潤の最新作です。

早くもドラマ化が決定。

キャストも決定。

向井理と斎藤工。

この人の作品は「半沢」伝説ばかりでなく、

「下町ロケット」「民王」等で実績がありますから、

ドラマ化がしやすいのでしょうね。


この「アキラとあきら」は


二人のあきらの物語です。


片や親の工場が倒産。

片や企業の社長の息子。

この二人が

銀行の同期入社。

同期の中で頭角を表し、

優秀なバンカーに成長していきます。

このあたりは、

池井戸潤の得意の展開ですね。



少年時代から物語は始まります。



大人になってからは

同じ銀行でのライバルとして、

互いに認め合う存在となり、


父の会社を救うために銀行を退社したあきらと、


その会社を救うための

救済策を練るあきら。


父のふたりの弟、という

経営者失格の存在も、

もちろん必要不可欠で、

このあたりはもう手馴れたものです。


長編ですが、

あっというまに読める楽しさがあります。


これは、

この人の作品に共通の魅力ですね。


ドラマも見たいかな??


まあ、小説だけで私は十分です。







アキラとあきら (徳間文庫)

アキラとあきら (徳間文庫)

  • 作者: 池井戸潤
  • 出版社/メーカー: 徳間書店
  • 発売日: 2017/05/17
  • メディア: 文庫





スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: