So-net無料ブログ作成
検索選択

縁見屋の娘 [三好昌子]

スポンサードリンク





「このミステリーがすごい大賞」の「優秀作」となった作品。

たまたま本屋さんで手にとった作品です。

しかも「時代小説」の棚にありました。


『縁見屋』の娘は26歳で死ぬ。

という代々の運命?があり、

曾祖母、祖母、母がみんな26歳で死んでいる

お輪をめぐる話です。


京ことばの会話文が面白くて読み始め、


次には「天狗」らしい修験者が登場。


京都と「天狗」というと


あの森見登美彦

を思い浮かべます。


が、こちらの天狗は真面目な天狗。


お輪の家の因縁を解き明かしていく

わけですが・・・・。


お輪を思う、

幼馴染の跡取り息子、徳次。


お輪の中に住み着いている「息子を失った母の魂」


修験者の「帰嚥」と名乗る「天狗」?


この三人の出会いを通して、


お輪の26歳で死ぬ、という定めは消えてゆくのです。


・・・・が、

天狗が人の体を借りてそこに住み着くというのが、


どうもわかりにくいです。


「帰嚥」は天狗なのですが、

仇を持つ武士の体に住み着いて、


縁見屋のゆかりのお堂の堂守りになります。


お輪はこの「帰嚥」に惹かれてゆきます。




結局は「帰嚥」によって

お輪の抱える因縁は消滅して、


26歳以降も徳次と幸せに生きるのです。


ミステリーというよりも、

まあ「謎」?


というよりも、

過去の因縁の断ち切りかた?

みたいな・・・・。



お輪に惚れている徳次が


なんだか可愛くて、


よかったです。


お輪は、もう一つの魂が同居していて、

ちょっとわかりにくい・・・かも。


作品としては、


ややまとまりがない印象を受けましたが。


生真面目な「帰嚥」に、

もうひとつ魅力があったらいいのに、

と思いましたね。


これは

「天狗」にちょっと桁外れなところを求めてしまう、


という悪しき「森見登美彦」


の影響でしょうか。










スポンサードリンク



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: