So-net無料ブログ作成
検索選択

ケモノの城 [誉田哲也]

スポンサードリンク





文庫本になって、書店に並んでいますね。

これを読んだのは、

発売後まもなくだったでしょうか。


誉田作品の中でも論じにくい、というか、

これを読む自分は何なのか、とまで考えて

しまいます。

「ジウ」シリーズも、かなりの「グロ」い描写がありますが、

それどころではありません。


一種の「密室」で

心理的においつめられてゆく恐ろしさ。


判断停止状態から

どんどんエスカレートする暴力。


うわっ、これはもう無理、と思いながらも


読み進む自分。


この、

ページを閉じずに読んでいる自分の

怖いもの見たさ、というのか、

ドキドキしてしまうこの感覚は何なのか。


人はどこまでイってしまうのだろう、


という闇の深さ。



誉田哲也という作家の


一番「クロ」い作品ではないでしょうか。


それだけに、


文庫本になるとは思っていませんでした。


世の中がこういうものを

普通に受け入れる時代なのだろうか?


まあ、実際の事件で、

このような事例が出てくる世の中ですから、


流れとしては「あり」なのでしょうね。


それでも、

やはり、

「禁断の書」だな、という思いは残ります。



さあ、他の作品を読んでバランスを取らなくちゃ、

と思えるのは、

これを読んでしまってから、

数日後です。

そのくらい衝撃が大きい作品。


心して読んでください。





ケモノの城 (双葉文庫)

ケモノの城 (双葉文庫)

  • 作者: 誉田 哲也
  • 出版社/メーカー: 双葉社
  • 発売日: 2017/05/11
  • メディア: 文庫





スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました