So-net無料ブログ作成

インデックス [誉田哲也]

スポンサードリンク




姫川玲子が登場する短編集です。

時期的には、ブルーマーダー後、となりますね。

本庁捜査一課に戻り、再び「姫川」班ができますが、

当然ながらメンバーは違うわけで。


のちに殉職する林さんがいて。


こうして姫川の短編を読んでいると、

誉田哲也という人は、

女性に優しい、というのか、


女性の強さを愛しいと思う人なんだなあ、と思いますね。



実際、誉田作品に登場する女性は、


みんな強くて、負けませんから。


男性には、その点、視点が厳しくて

だいたいゲスで(勝俣のように)

もしくは体力はあっても、単純で、

聡明さに欠ける登場人物が多い。



女性はちょっと理想化されてるかな、とも

思いますが、

まあ、それが作者の愛なのでしょう。


グロを書いても、

どこか、崩れない一線がある、

と感じられるのは、

この「愛」があるからなのでしょうね。


そろそろ、

「硝子の太陽 R」後の姫川玲子に

会いたくなってきました。






インデックス (光文社文庫)

インデックス (光文社文庫)

  • 作者: 誉田 哲也
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2017/08/08
  • メディア: 文庫





スポンサードリンク



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。