So-net無料ブログ作成
検索選択

あきない世傅 金と銀 4 [高田郁]

スポンサードリンク




4巻が出ましたね。

本屋さんで見つけてすぐ手に取りました。

五代目の惣次が飛び出してなんと隠居。

結局三兄弟の三男の智蔵が後を継ぎ、

幸は智蔵の嫁になります。

智ぽんは戯作者の道を諦め、商才がないことも分っていて、

幸に「人形遣い」になってくれと頼みます。

表向きは店の主人である智蔵を立てながら、

幸が商才を発揮できる環境がやっとできました。


優しい智蔵ですから、幸も幸せ。

あの白羽二重も順調に作れるようになり、

店の残った在庫は、以前五十鈴屋にいた丁稚(?)に貸し付けて

行商で売ってもらう、というやり方を考えて、

さらには、人形浄瑠璃の衣装を提供して、

同じ反物に注目を集めて売る、ということまで考えるのでした。

そんなこんなで、

店の売上は倍増、いや、それ以上。

桔梗屋さんのピンチに、

銀二貫を提供できるほどになりました。


桔梗屋さんの店の「買い取り」に手を挙げた幸。


ここまでが4巻のストーリーです。


幸は江戸への出店を見据えながら、五十鈴屋を大きくしていきます。


優しい智蔵のおかげで、いよいよ幸のアイデアが実行されはじめ
て、今後がどんどん楽しみになっています。


幸がどんなアイデアで店を大きくしてゆくのか、

「あきない世傅」らしくなってきました。

早くも第5巻が気になります。












スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。