So-net無料ブログ作成

代償 [伊岡瞬]

スポンサードリンク




本年度最高のミステリーと評判の作品。

両親と3人で幸せに暮らしていた少年圭輔。

そこに「親戚」の達也が遊びにくるようになり、

圭輔と家族の運命が変わっていきます。


火事で両親を亡くし、達也の家に引き取られることに

なった圭輔は、土地も財産も達也とその母親の

思うままにされて文句もいえません。


火事とその前後の、達也のなんともいえない

いやらしさと怖さ。

逆らえない圭輔。

思わぬところから救いの手がのびて、

圭輔は達也の家から逃げ出すことができるのでした。



それから時が過ぎて、

圭輔は弁護士になります。

その圭輔のもとに達也からの手紙が届きます。

強盗罪の被告人となっているので助けて欲しい、というのです。


大人になった圭輔ですが、

やはり達也には逆らえず、

達也の悪魔的な罠に嵌ってしまいます。


この「圭輔」がなんとも毅然とせず、

頼りなくて、少年の頃にそうであったように、

大人になってもまだ達也にやられてしまうのか、

と、途中で腹がたってきたりもしたのですが・・・・。


圭輔は逆に達也を追い詰めて・・・・・。


というストーリーです。


ようやく、過去の罪の代償を払わされる達也。


圭輔が、なんというか、少しもかっこよくないところが、


逆に新鮮な感じで、



達也への恐怖感が迫ってきます。











代償 (角川文庫)

代償 (角川文庫)

  • 作者: 伊岡 瞬
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA/角川書店
  • 発売日: 2016/05/25
  • メディア: 文庫





スポンサードリンク



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。