So-net無料ブログ作成

隠蔽捜査 7 『棲月』 [今野敏]

スポンサードリンク




ひさしぶりの竜崎著長です。

大好きなこのシリーズですが、ラストで大森署を去ってゆきます。

「キャリア」警察官が「降格」によって所轄署の署長になる。

それによって、しばしば現場に臨場する「キャリア」

迎える署員たちのとまどい。

それが「竜崎」という人を知るようになってから変わっていきます。

そうして竜崎自身も

妻冴子に、「人間らしくなった」といわれるほどに、

意識してはいなかった部分で大きく変化していたのです。

その変化は、

異動が明らかになった時の竜崎の”『動揺』を感じた”という

表現で明らかになります。

所長室で仮眠をとるときの安堵感。

そういう自分に気づいてとまどう竜崎。


今回は天才ハッカー「ルナリアン」が登場しますが、

彼はある意味「別世界」に棲んでいます。

そしてまた竜崎も、そう言う意味では

別世界の住人なのかもしれません。

このタイトル「棲月」は、まさに「月に棲む」

そんな竜崎のこんな言葉。

「公務員は与えられた場で自分の能力を最大限に発揮するように
努力するだけ」

異動によって出世するキャリアである竜崎を羨む相手に、

「偉いのではありません。やれることの権限が増えるだけです。
我々は国民のために働いている。
偉いのは国民です」


そう信じている竜崎なのです。


署を去る日

署員の「総意」によって、
制服姿の全員から敬礼で送られる竜崎。

『気持ちは受け取った。ありがとう』

こんな言葉を竜崎が口にするのです。


いいラストでした。









棲月: 隠蔽捜査7

棲月: 隠蔽捜査7

  • 作者: 今野 敏
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本





スポンサードリンク



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。