So-net無料ブログ作成

「道標」 東京湾臨海署安積班 [今野敏]

スポンサードリンク




こちらも待望の「安積班」

短編集です。

が、安積の警察学校時代や交番勤務時代、新米刑事時代、

湾岸署に赴任したばかりのころ、というように歴史を振り返っています。

その中でも、特に速水との関係、現在にもつながっている班のメンバーたちとの

関係が改めて描かれていて、このシリーズの魅力を確認できます。


同時期に出された2冊の新刊。

二人の警察官の、

方や「公務員として国民に尽くす」

方や「いい刑事になる」

そういう自分を信じて、かつ周りもそうだと疑わず、

ある意味、理解されにくい生き方をしてきたこれまでの軌跡。

そうして、そんな中で彼らにしてみれば「思いがけず」周りに愛されてきた、

生き方。

読者としても、愛さずにはいられない警察官たちです。

こういう作品を出してくれるから

今野敏という作家から離れられないのですよ。


あれ?

新刊でもなかった??

いつもの書店で、新刊書コーナーで見つけたのですが、

昨年11月の発刊になってますね。
すみません。



道標 東京湾臨海署安積班

道標 東京湾臨海署安積班

  • 作者: 今野敏
  • 出版社/メーカー: 角川春樹事務所
  • 発売日: 2017/11/30
  • メディア: 単行本





スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。