So-net無料ブログ作成
東野圭吾 ブログトップ

マスカレード・ナイト [東野圭吾]


東野圭吾「マスカレード」シリーズ最新作を
本屋さんで発見。

四の五の言わず、即購入です。


「マスカレード・ホテル」
「マスカレード・イブ」
に続く3作目です。

大好きな加賀恭一郎シリーズが
おそらく完結してしまって、寂しい思いをしていたので、
その影響もあるでしょう。


このマスカレードシリーズは、
ホテルマンに見えなくはない新田刑事と、
プロのホテルウーマン山岸尚美を中心にした、
「ホテル潜入」モノ、とでも言うのでしょうか?


舞台がホテルであることがもちろん大きな特徴です。


ホテルのサービス、ホテルマン、ホテルウーマンの気概、
を描きつつ、刑事の視点が混ざって、そこにやってくる
宿泊客の事情もあり、の混沌とした、分厚い世界を楽しむこと
ができます。


まあ、これには、
最近の「ミステリー」の、
なんというか「豊かでない」世界というのか、
閉じ込められた世界、というのか、

そういうものに対する自分の反発もあると思います。



渋いホテル支配人、脇役の刑事たち、
訳ありの宿泊客、プロのフロントマン、
個性的な人たちを楽しみながら、
潜入捜査は終盤に向かいます。


ちょっとしたスキに刑事たちが犯人に出し抜かれ、
結果、山岸が危険な目に遭い、新田に助けられる、というのは
まあお決まりになっていますが。

これもまたシリーズものの楽しみですね。


山岸も新田も、
互いに相手の魅力を認めつつ、
(プロとしての能力について、ね)
それぞれの人生を進むのが心地よいです。


さらに次があるのか?


山岸がいつか帰国してきたら、
次の「マスカレード」が楽しめるかもしれませんね。











nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

祈りの幕が下りる時 [東野圭吾]

「加賀恭一郎」が帰ってきた作品です。

2013年には刊行されていたのですが、読む機会がないまま

きてしまい、今回文庫本で読みました。

加賀シリーズは大好きで、たしか「麒麟の翼」の感想も書いた

のではなかったでしょうか。

「日本橋」にこだわった訳。

捜査一課への復帰を促されながらも、「日本橋」にいた訳が

わかりました。

ようやく一段落ついた、という思い。

加賀ばかりでなく、一読者の自分も、これで一息ついた、よかった!

という思いが湧いてきました。

母親の切ない思いが、伝えられて本当によかった。



さらには登紀子さんとの今後が楽しみになってきました。

そんな「加賀恭一郎」のその後の物語を

期待したくなりました。


大変に多作な作者ですが、

加賀恭一郎は最も魅力的なキャラクターです。

「新参者」からもう一度、読み返してみたいと思います。



ただ、手元に最新作の「危険なビーナス」があります。

もう読んでしまっているので、のちほど感想をアップしますが、

登場人物のキャラクターという点では、どうしても「加賀」への

愛着がある分、この最新作はやや薄めの感想になってしまう

でしょうが。









nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

「ナミヤ雑貨店の奇蹟」 [東野圭吾]

「東野圭吾」といえば、「新参者」であったり「ガリレオ」で
あったりするのですが、ある意味一番感動するのが
この作品であったりする。

3人の若者が出会う思いがけない『奇蹟』
今では殆ど廃屋となっている雑貨店に入り込んでしまった
3人と、時間を超えて出会う人々。

そうして、意外な真面目さを知ったり、
意外な誠実さを知ったりしながら、
奇蹟の出会いが関わる人たちを変えてゆく。

推理物とは違う空気感が新鮮で、
特に終章のナミヤ雑貨店主からの返事が感動的です。


そこまで、一生懸命に考えてくれる他人はいないぜ!

君たちは幸せだ、と思えるラストです。

いいなあ、東野圭吾。

好きな作品はたくさんあるけれど、
これが一番好きだなあ、やっぱり!!


書籍は上が単行本。
下が角川文庫本。











ナミヤ雑貨店の奇蹟

ナミヤ雑貨店の奇蹟

  • 作者: 東野 圭吾
  • 出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング)
  • 発売日: 2012/03/28
  • メディア: 単行本



ナミヤ雑貨店の奇蹟 (角川文庫)

ナミヤ雑貨店の奇蹟 (角川文庫)

  • 作者: 東野 圭吾
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA/角川書店
  • 発売日: 2014/11/22
  • メディア: 文庫



タグ:東野圭吾
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
東野圭吾 ブログトップ