So-net無料ブログ作成
宮下奈都 ブログトップ

羊と鋼の森 [宮下奈都]

「本屋大賞」を受賞した作品。

久々に「小説」を読んだ気がしました。

ピアノの調律師になった青年の成長の物語、と言ってしまうと

かなりこの小説を端折った説明になってしまいますね。

高校の体育館でピアノを調律する板鳥に「森」へと誘われる

高校生の外村。

彼は調律の学校へ進み、卒業後は板鳥のいる会社に就職する。

板鳥を師として、「調律」を学び、、極めようとする。

彼が行く「森」は、職人の技術にとどまらず、ピアノという楽器と

それを弾く人と、それを聴く人にとって、「音」とは何か、

良い音とは何か、を探りながら進む迷路。


外村のひたむきな探究心と、ピアノという楽器への愛と、

奏でられる「音」への憧れ。

そういうものが丁寧に語られている作品です。

外村の探究心の故でしょうか。

心地よい緊張感がずっと続いて、たるむところがない小説です。

こんなふうにまっすぐに、迷いなく突き進める幸せ。

外村の思いを読みながら、共に感じ、時に泣く、

そんな幸せな「読書」の時間をもらいました。

この作家の作品は初めて読みました。

別の作品も読んでみたくなりました。

そのときにも「幸せな時間」が味わえたらいいなあと

期待しています。





タグ:本屋大賞
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
宮下奈都 ブログトップ