So-net無料ブログ作成
阿部智里 ブログトップ

弥栄の烏 [阿部智里]

八咫烏シリーズの第6巻です。


これで1部が終わり、2部に続く?のだとか。


うーん、「玉依姫」からあとが、

なかなか理解しにくい展開で。


むしろ、この前までの物語が好きだっただけに、

「弥栄の烏」という題名もなんだか微妙です。


若宮と雪哉の物語として、

特に雪哉の成長物語として読んできたのでしたが。


肉体も気持ちも

大人になった雪哉が、2部ではどんな姿を見せてくれるのか、

楽しみにはしています。



ただ、「玉依姫」の話から、

シリーズ全体が奇妙に変わってしまった気がして、

残念です。



まあ、それが作者の狙いだったのかもしれませんが、


玉依姫と「山神」

御供と「山神」

大猿と八咫烏。


この関係が「八咫烏」の世界を作り、

やがてはこれを滅ぼすのか。



浜木綿というキャラクターが好きで、

若宮がちょっと苦手。


そもそもえ若宮が、

ちゃんとした金烏だったら、

問題なかったのだろうに、

などと考えてしまいます。


もう一度、読み返してみなくては、と思っています。









弥栄の烏 八咫烏シリーズ6

弥栄の烏 八咫烏シリーズ6

  • 作者: 阿部 智里
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2017/07/28
  • メディア: 単行本



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

玉依姫 [阿部智里]

「八咫烏」シリーズ5作目。

4作目から5作目発売までが短かったですね。


この「玉依姫」では、「八咫烏」の世界と人間の世界が繋がります。


また、「山神」に仕える存在としての「猿」と「烏」の関係も

描かれています。


このシリーズはたしか6作まで、と以前作者が語っていたと

思いましたので、

次回作がラストになるのでしょうか?


この「玉依姫」を経て、


八咫烏の世界がどうなるのか、


次作が楽しみです。



・・・・・・ただ、自分としては、


八咫烏の世界は完全な「異世界」として、


これ自体で完結して欲しかったと思いました。


「沼」という通路で人間界とつながなくてもよかったのでは?


と思っています。



「山神」がどういう存在かを明らかにすることで、


この「異世界」の成り立ちを語ることになった、という意味では、


当然書かれるべきものだったとは思いますが・・・・。


この物語が、


どんなふうに完結するのか、


とにもかくにも、


次の作品を待ちたいと思います。














玉依姫

玉依姫

  • 作者: 阿部 智里
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2016/07/21
  • メディア: 単行本



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

空棺の烏 [阿部智里]

八咫烏の物語の4作目です。

最初から読んできて、どうもこの世界に嵌ってしまったようです。

烏が人間の形になる「八咫烏」の世界。

ここには貴族の「宮烏」と庶民の「山烏」がいます。

今、次の君主たる「若宮」のもとに、

少年・雪哉が仕えているのですが・・・・。

第1巻では、若宮の妃選びの話と雪哉が若宮に仕えるようになった

事始め。

その後2巻3巻と「若宮」は果たして真の「金烏」なのか?

ならびに、若宮の近習として信頼できるものは誰か、といった

雪哉の物語(といってはやや語弊がありますが)


貴族たちの勢力争いと、「外界」から侵入してきた「猿」との戦い、

またこの「山内」の世界の宮烏と山烏の身分上の差別。

八咫烏の世界にどんどん引き込まれてしまいます。


今作は、近衛兵たるものを養成する学校である「勁草院」が主な舞台。


教官とそこで学ぶ雪哉と仲間たちの訓練の日々にも、

貴族の子弟故の差別があり、宮烏と山烏の反発があります。


その中で雪哉には、果たすべき使命があって・・・・・。


一方、若宮は自分が真の「金烏」なのか、確信が持てないまま、

「猿」との戦いが迫るのを感じています。


タイトルの「空棺の烏」はその名のとおりの

結末につながっているのですが、

ストーリーは(たぶん)まだまだ続きます。


1巻の妃選びの、いかにも「王朝風」な雅びな物語、と思ったものが、

ずいぶん遠くまできた、という気もします。


しかし、その1巻ですでに雪哉の家族、故郷が描かれて、

貴族の特権、それに対する少年・雪哉の思い、

八咫烏の生体にも触れていて、

作者の構想が早くから出来ていたのだろうと想像できます。


2巻3巻とすぐ読んできましたので、4巻も「待っていました」

という気分でした。


今後の続編も楽しみに待ちたいと思います。







空棺の烏

空棺の烏

  • 作者: 阿部 智里
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2015/07/29
  • メディア: 単行本








空棺の烏 八咫烏シリーズ (文春e-book)

空棺の烏 八咫烏シリーズ (文春e-book)

  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2015/07/30
  • メディア: Kindle版



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
阿部智里 ブログトップ