So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

屍人荘の殺人 [今村昌弘]

スポンサードリンク




書店でかなり目立つ場所に置かれていますね。

発売当初はそうでもなかったような気がします。

ミステリーというよりも、最近多い設定ミステリーというのか、
環境ミステリーというのか。

あまりネタバレはできませんが、ありえない環境が設定され、
そこで殺人が起こるのですね。

探偵役は大学のミステリー研究会のメンバーと同じく大学生の
女性名探偵(らしい)のコンビ。



でもねえ、一種の極限状況が、確かに読んでいて荒唐無稽にならずに、
ちゃんと読ませるところは、さすが、と思うのですが、
そういう状況で起きる殺人は、ちょっとどうなの?と思ってしまいます。


たまたま、こんな状況になったために、
普通ならトリックにはなり得なかった事がなっていて。


なんだかな、と思います。


ただそこに拘らずに恐怖もの、というか、極限ファンタジー、
というと語弊がありますが、
作品としてはそれなりに面白かったです。


探偵にもう一つ魅力がないかなあ。





屍人荘の殺人

屍人荘の殺人

  • 作者: 今村 昌弘
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 2017/10/12
  • メディア: 単行本






スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。