So-net無料ブログ作成

新章「神様のカルテ」

スポンサードリンク




なんと「4年ぶり」と帯に書かれていた「神様のカルテ」

個人病院から大学病院に移って、そこでも「引きの栗原」といわれ、重篤の急患と向かい合う毎日。

大学院性として研究をしながら、「9年目」の医師として、若い医師たちにも向き合い、奮闘する一止先生です。

子どもの小春ちゃんは子供病院に通いながらなんとか元気になり、家族三人であいかわらず『御嶽荘」で、「男爵」や「学士」さんたちと暮らしています。

・・・などという「近況」がまずは気になる久しぶりの「栗原先生」です。



で、「大学病院」という環境で、複雑かつ巨大な組織の中で、一止先生が学んだのは、どうも「穏やかに」回りと協調しながらやってゆく術らしい。

その一方でストレスを抱えながら、ベッドの確保のために、誰にどう「交渉」するか、考え、言葉遣いを改め、かなり「抑えて」いる様子。


周りには、ある意味規則に厳格な准教授あり、優秀な助教授あり、内科ばかりでなく、外科、その他の優れた人材がいて、学ぶこともたくさんある環境です。


そこに入院してくるのが29歳の膵臓癌患者、二木美桜(ふたつぎみお)さん。

若い膵臓癌患者は珍しく、かつ助からないケースが多いとか。

彼女のお父さんを以前、一止先生が看取ったらしく、彼女は主治医に一止先生を希望。

この出会いから、一止先生は、ま、本来の姿を取り戻す、というのでしょうか?


研修医からは、もうひとつはっきり主張しない先生と思われていた栗原先生でしたが、「患者のために」何をするべきか、主張するようになります。


大学病院から「飛ばされる」のも良し、として、意見をいうようになります。

感じている矛盾、不満、怒りなど。


かつての恩師にも支えられ、家族に見守られ、「引きの栗原」はまた一歩、前に進んだようです。


そうして、一止先生は研修医たちや、後輩の若い医師たちに「医師」とはどうあるべきか、を知らしめてゆくのです。



「神様のカルテ」は、これまでもそうであったように、読み手を裏切らない作品でした!






新章 神様のカルテ

新章 神様のカルテ

  • 作者: 夏川 草介
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2019/01/31
  • メディア: 単行本





スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。