So-net無料ブログ作成

武士道シックスティーン [誉田哲也]

スポンサードリンク




「武士道シリーズ」の一作目ですね。

シリーズの中でこれが一番好きです。


このシリーズは道場の後継の問題、さらには、まさかの「磯山香織」の結婚?まで語ります。


が、最も輝いているのは香織と早苗の出会いと戦いが描かれているこの作でしょう、


「磯山香織」は宮本武蔵に心酔し「五輪書」を愛読書にしている「武道家」です。

『敵は切る』と思っている。

なんと般若の道具入れ?を持ち歩き、常に剣の道を考え、常に勝つことを考えている。


この一筋さに、ちょっと眩暈がするくらいの魅力とおかしみがあります。


対する早苗は、日本舞踊をやっていた、という変わり種。


そのために足さばきがちょっと変わっていて、とまどう香織。



で。


勝つか負けるか、勝者と敗者。

それしかなかった香織の剣道が迷い、停滞します。



武蔵から離れて、「武士道」へと目覚めてゆく香織。



早苗にとっては剣道はそこまでのめりこむものでもなく、

でも、たのしいもの。

香織というある意味現代では死滅しているような人種との出会いで、

いろいろ思うことはあり、それでも、剣道がすべてではない。



この二人のそれぞれの視点で描かれているからこそ、

互いの違いが判り、魅力もわかるわけですが、

香織が「武士道」に目覚めるところが、このシリーズのスタートになります。



誉田哲也とは何者か?


このような青春ものもあれば、同じ高校生の日々を描いた「月光」もありますね。


香織のような「吹っ飛んだ」存在と、そこまで突き抜けていない女の子たち。

そこに、その後の人生も含めた大きな壁があるのか?


たとえばジウシリーズの、

伊崎基子と門倉美咲

ここにもつながっているようで。



香織と早苗の今後に興味がある方はこのシリーズを読んでみてください。














武士道シックスティーン (文春文庫)

武士道シックスティーン (文春文庫)

  • 作者: 誉田 哲也
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2010/02/10
  • メディア: 文庫



武士道セブンティーン (文春文庫)

武士道セブンティーン (文春文庫)

  • 作者: 誉田 哲也
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2011/02/10
  • メディア: 文庫



武士道エイティーン (文春文庫)

武士道エイティーン (文春文庫)

  • 作者: 誉田 哲也
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2012/02/10
  • メディア: 文庫



武士道ジェネレーション (文春文庫)

武士道ジェネレーション (文春文庫)

  • 作者: 誉田 哲也
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2018/09/04
  • メディア: 単行本





スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。